ダイヤケミカルについて

ごあいさつ Message

平成28年4月にカネカグループの企業として
新たに生まれ変わりました

当社は、昭和37年7月、埼玉県で操業を開始し、発泡ポリスチレン製パイプカバーの製造販売を中心として事業を展開、平成28年4月にカネカグループの企業として新たに生まれ変わりました。

地球環境保護、省エネルギーがますますクローズアップされる現代社会において、当社の役割はさらに重要性を増していると考え、これからもお客様に良い価値をご提供できる企業であり続けるよう、社員一同情熱を持って取り組んで参ります。

今後とも更なるご指導・ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

会社の取り組み effort

01

環境・エネルギー

株式会社カネカの発泡樹脂の技術基盤を背景に、軽量性、断熱性による「環境・エネルギー」の課題を解決するメーカーとして、広く世の中に貢献するソリューションプロバイダーとなることを目指しております。

02

JIS認証の取得

パイプカバー等の保温材については、JIS A 9511の適合性認証を取得しており
安定した品質の製品をお客様に提供して参ります。

03

お客様のニーズに応える

弊社は、個別の仕様にもお応えする技術・サービスを生かしお客様のニーズを満たすと共に発泡樹脂を
基点に幅広く取り揃えた配管関連製品で、お客様の様々な課題解決をサポートさせて頂きたいと考えております。

会社概要 Company Profile

社名 ダイヤケミカル株式会社
所在地 〒323-0029 栃木県小山市城北2-1-3
代表者 代表取締役社長 坂口 隆
設立 平成17年8月(2005年)
資本金 1,000万円
従業員数 57人
事業内容 ポリスチレン保温材、配管用断熱支持具の製造販売、EPSブロックの製造販売、配管内清掃具の販売

アクセス Access

  • JR「小山市駅」より車で7分
  • 佐野藤岡I.Cより車で35分

会社の沿革 Company History

昭和37年 埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)で操業を開始
昭和51年 保温筒について、JIS認証を取得
平成5年 栃木県小山市に本社工場を移転
平成17年 旧会社より営業譲渡を受けダイヤケミカル株式会社を設立
平成20年 JIS改訂にあわせ、継手カバー、ボード等のJIS認証を取得
平成28年 株式会社カネカが全株式を取得
令和元年5月 大阪営業所開設